バギーを買ったので

先日バギーを買ったので毎日買い物に行ったり、お散歩に行ったりとなるべく子供と出歩くようにしています。

家に居ると子供もストレスが溜まるのかどうもご機嫌が悪くなりがちなので、外に出て少しでも疲れさせようと思っています。

バギーって本当楽です。

今までのベビーカーは姉のお下がりを頂いたのですがどうも動きがスムーズじゃなくて。

どのベビーカーもそうなのだと思っていたら家のは安物だったからみたいで、お友達のを押させてもらったらそんな事はなくちょっと不便を感じていました。

腰が完全に座った頃から使えるバギーという便利な物があると聞き買ったのですが、これがすごく便利で小回りも利くしこれから出掛ける事が楽しくなり重宝しそうです。

娘の交友関係

幼稚園に通う娘の交友関係にちょっとムカムカです。

娘は恥ずかしがりやと言うか、しゃべるのが苦手というか、家ではすごくしゃべるのに外ではおとなしいほうです。

全くしゃべらないわけではないのですが、しゃべるのがゆっくりでお友達のしゃべるペースについていけないみたいです。

仲良しのお友達はみんな優しくて、そんな娘にも親しく接してくれてありがたいです。

それが昨日の朝、幼稚園に送っていくと、一番仲良しの子が娘を見つけたのに他の子とのおしゃべりに夢中で挨拶してくれませんでした。

娘は小さな声で「おはよう」と言っていましたが、聞こえないみたいでした。

子供のことなので何かに夢中になっているとほかの事に気がまわらないのはしょうがないと思うのですが、ちょっと悲しくなりムカムカしてしまいました。

でも帰りには仲良くしていたので、私が心配することないかと反省しました。

他のことでイライラしてたから、気にしすぎたのかな~。

そろそろ意味が解らなくなりそうな言葉

昭和世代には理解できても、平成世代にはそろそろ元の意味がわからなくなりそうな言葉が、いろいろと出てきていますね。

まず第一に思い出すのは「ダイヤルを廻す」。

アナログ電話機は、そろそろお店でも見かけないのではないでしょうか。

どこかのミュージアムだとか、歴史的テーマパークでもなければ、電話のダイヤルと言うのが、ピンと来なさそうです。

次に最近で話題になった、「巻戻し」という言葉。…CD・DVD世代になると何を巻くのか、確かに意味が解らないですよね。

また「チャンネルを廻す」という言葉は、昭和世代でも昭和最後のほうの生まれでは、ピンと来なくなりつつあるのではないでしょうか。

現代で生き抜いているけれど、元の意味がわからなくなりそうな言葉を、実生活で使うと言うのは今のうちかと思うと、面白いです。

週末のテレビ三昧

ここのところの週末のお楽しみはテレビです。

朝の連続テレビ小説を録画していたものを一気に見るのと午後に再放送されている刑事もののドラマを見るのです。

お出かけしなくてもものすごく充実した一日が送れます。

朝の連ドラは毎日、出勤してしまうので平日は見ることができないのです。

せっかく面白そうだと思っても見逃してしまうと離れてしまうのは分かっているので、今回ははじめから録画して週末にまとめてみることにしました。

この方法がとても良かったのです。

刑事ものドラマの再放送はすでに見たことのあるものでも楽しく見ています。

犯人が分かったとしても他の細かい点を思い出しながら見るのが楽しいのです。

ポテトチップを用意してコーラを飲みながら見るのが最高です。

お札に使用された人物

そこそこの年代を行きましたので、1000円札は3種類を利用したことがあります。

とはいっても、伊藤博文に関してはほとんど記憶が無い時代なのですが、よく利用している夏目漱石や野口英雄に比べたら、随分とカラフルだったような印象が残っています。

それにしても、色々と歴史を調べていて、その時になってようやく新渡戸稲造はなにをした人だったのかとか、大隈重信ってこんな人だったのかと知ることがあります。

こういった身近なものに、取り上げられている人物などは、歴史などで率先して教えてくれれば、親しみ持ちやすく覚えやすいのになと思います。

ところで、周囲には「新渡戸稲造って何した人だっけ…っていうか、名前…聞き覚えあるんだけど…」という方が数人いたのですが、私の周りだけかなと不安になりました。

もったいなくて使えない

3か月くらい前に友人の結婚式の2次会で幹事を引き受けました。

2次会は大成功で、新郎新婦も喜んでくれたし、ゲストの方々も楽しんでいました。

帰りに友人から、これで肌を労わってねってプレゼントをもらいました。

なんだろ~って見てみたら、なんか高そうなパックシート。

帰りに携帯のネットで調べたら、1枚2000円以上するものでした。

びっくりしたけど、嬉しかったな。

で、これはもっと肌を酷使した時に使おうと、すぐには使いませんでした。

夏に日に焼けた時とか、長時間化粧ガッツリした時とかに使おうと思っていました。

でも、なかなかそんな機会が無いまますでに3か月。

そろそろ使った方が良いとは思っているんだけど、もったいなくてなかなか使えないんです。

ちょっと困っちゃっています。

早く使う機会を見つけなきゃな。

最近のマイブーム

最近は幼稚園のボランティア作業にハマってます。

お寺が経営してる幼稚園なのでもうすぐ花祭りがあります。

お釈迦様の誕生日です。

そのためのお花作りボランティアです。

このお花が美しい。

色とりどりで花びらが何枚も重なっててきれいなんです。

そのお花をママたちがボランティアでつくってるのだけど、これがまた楽しい。

手芸好きのママたちにはとても楽しい作業だと思う。

私も指先の作業が好きなので毎日通って作ってます。

花びらから作るのだけど、きれいな色がみのなかから好きな色を選んで組み合わせていくのです。

どんなお花が出来るかわくわくします。

作るたびに違った色合いの花が出来るので楽しい。

一時期はまった曼荼羅塗り絵を思い出します。

誰が作ってもどんな色を合わせてもどれも失敗っていうのがなくて、きれいなんですよね。

快眠を手に入れるには、枕から

枕にも色んな種類がありますよね。

今は普通の枕を使っているのですが、良い眠りにつくには良い枕が必要、と言われているから、最新の枕が気になっています。

お店で見ていいな、と思ったのが、「抱かれ枕」。

コの字型になっていて、頭から上半身までを包み込んでくれる形になっています。

抱きつく癖がないから、抱き枕はピンとこなかったのですが、抱かれ枕には興味を持ってしまいました。

素材が柔らかいから、ふんわりと包んでくれて、気持ち良さそうなんですよね。

首が安定するから、肩こり解消にもなるかな、と期待しています。

お店のディスプレイにも、人気商品と書かれていて、気になります。

でも大きさが結構大きかったので、使ってみると邪魔になるかも。

使っている人の感想を聞きたいですね。