ネットショップで虫取り器を買いました

蚊が飛び回る羽音ほど効果のある目覚ましはないのではないかと私は思っています。

真夜中に熟睡しているときでも耳元でブーンと特徴のある蚊の羽音を聞くと私はハッと目を覚ましてしまいます。

蚊が飛び回っていると判ると私は気になってもう安心して眠れなくなってしまいます。

それほど私は蚊がたてる羽音が嫌いです。

そんな蚊を誘い込んで退治してくれる虫取り器がネットショップで売られていたので買ってしまいました。

蚊取り線香でも良いのですが火を使うので寝ている間に使うのはちょっと危ないと私は思っています。

電気式の蚊取りマットもありますがコストパフォーマンスを考えると私がネットショップで買った虫取り器のほうが良いみたいです。

どのくらい虫や蚊を退治してくれるのか楽しみです。

小エビのから揚げ、失敗。

小エビをたくさん貰ったので、油で揚げて素揚げにすることにしました。

殻ごと食べられてカルシウムもたくさん摂れますね。

それによく噛む事になるのも健康のためには必要な事です。

少し小麦粉をまぶしてから油に投入します。

結構油はねがしましたけど、ここは我慢です。

カラッと揚げて取り出して、塩やカレー粉をかけて完成です。

自分で作ったエビの素揚げは、パリパリサクサク感が足りませんでした。

からは少し硬くて、しっかり噛めば食べられますが、イメージしていたのとはちょっと違いました。

油切れも悪くて、ちょっと胸焼けしてしまいました。

これは一度に小エビを入れ過ぎて、揚げ油の温度が低すぎたせいと分析しています。

まだ残っているので、次は入れる量を加減してみます。

友人と映画に行く

人と一緒に映画館や美術館などに行くのは、ちょっと苦手なのです。

映画は、自分の趣味が偏っていてなかなか趣味が合う人がいないし、あまり趣味ではない映画を義理で観るのは嫌だと思うし、美術館などは、自分のペースで観たいので、相手に気を遣ったり遣われたりしながらでは消化不良になるからです。

でも、この間、友人に映画に誘われて、一緒に行ってきました。

誰かと映画に行くのは、恐らく10年ぶりくらいでした。

作品は、友人セレクトのもの。

ボーイソプラノの合唱団の話でした。

普段の自分なら観ないジャンルでしたが、なぜか「行ってもいいかな」という気持ちになったのです。

結果的には、行って良かったです。

ストーリーがストレートで、ハッピーエンドだったので。

観終わって、お茶しながら友人と映画の話をしながら、たまにはいいかも、と思ったのでした。

毎朝着る物に悩みます。

肌寒いのか暑いのか、よく分からない微妙なお天気で着る服がありません。

去年の今頃は、何を着てたんだっけ?

と、毎年思っているような気がします。

そんなに衣装持ちでもないけど、洋服ダンスにはそれなりに服が入っているんですけれどね。

そういえば、薄物の長袖を着る機会が減ったと以前友達とも話したことがあるんですが、最近は、春や秋の過ごしやすい期間がグンと短くなったように思います。

ついこの前までタンクトップだったのに、急に長袖を着ないと寒いと感じるようになったりします。

道行く人も夏場を変わらないような人もいれば、すっかり秋色の人もいたりして実に様々ですよね。

今しばらくは、カーディガンや羽織物をこまめに脱ぎ着するしかなさそうです。

でも、羽織ると暑い脱ぐと肌寒いって言う気候は当分繰り返されるんでしょうね。

「鳴門塩蔵わかめ」にはまる

先日友人から、徳島名産の「鳴門塩蔵わかめ」をいただきました。

生のわかめに塩がまぶしてあり、3ヶ月ほど保存がきくようです。

食べ方はとっても簡単。

流水で3分ほど塩抜きするだけ。

そのままカットしてわかめサラダにするもよし、お味噌汁に入れるもよし。

普段は乾燥わかめを使っていますが、お手軽さはそんなに変わらない感じです。

でも味は乾燥わかめとは全くの別物!

口当たりがとろんとなめらかで、茎のあたりはコリコリとした食感が楽しめます。

そんなにわかめが好きだった訳ではないのですが、あまりの美味しさに山盛りのサラダをペロッと食べ切ってしまいました(笑)

一度にこんなに大量のわかめを食べたのは人生で初めてかも。

すっかり塩蔵わかめの魅力にはまってしまったので、近くで売っているところを見つけたいです。

今度同居します!

今度私、同居することになりました。

私達が結婚後すぐに舅が亡くなってぞれからずっと一人暮らしだった姑なのですが、去年遠方に嫁いだ義姉が亡くなってから急に気弱になってしまってホームに入居したいと言い出しました。

自立している姑なので入居にはかなりの金額が必要となってしまうのですが、年金暮らしの姑にはそんなお金もなく、我が家にもそんな余裕もないので同居することになったのです。

姑は超B型なのですが世間から見れば良い姑だと思うし、今まで別居で実家に泊まったことも数回しかないの私にとっても今は良い姑なので同居にも何の心配もしていないのですが、そんな私とは反対に、姑の方が上手くやっていけるだろうかと心配しているようです(苦笑)

専業主婦の生活は憧れだったけど

パートを辞めて、丸々3か月が過ぎようとしています。

もともと働くことが好きではなく、家でのんびり専業主婦をするのが理想だった私ですが、さすがに少々退屈を持て余すようになってきました。

一応、ネットで新しい仕事を探してはいるものの、なかなかコレといった仕事も見つからず、それをいいことにダラダラしていましたが、そろそろ本気で仕事を探した方がいいかもしれません。

そうはいってもどんな仕事でもやる、どこまででも通うというほど前向きにはなれません。

接客はちょっと…、通勤時間が長すぎるのは…、などと考えてしまいます。

それならば、せめて家の仕事をしっかりやって、時間を持て余すことのないようにしよう、と頭では分かっているのですが、やっぱり今日もソファに横になって漫画を読んでしまいます。