台風の名前。

台風って一つ一つ名前が付いています。

誰が付けてるのかな~って思って、気象庁のホームページを見てみました。

政府間組織の台風委員会に属する14か国それぞれが決めた合計140の名前を、順番に付けているそうです。

この名前は使い捨てではなくて、140番まで行ったら一番目の名前をまた付けるそうで、約5年で一回りするらしいです。

日本が決めた名前は、テンビン、ウサギ、カジキ、コップ、カンムリ、トカゲなどです。

一見適当のようにも見えますが、すべて星座から名前を頂いています。

他の国は生物や植物の名前、人の名前に地名が多いですね。

そんな中フィリピンは、マリクシ(速い)、ハグピート(鞭を打つこと)、ルピート(冷酷な)といった、一風変わった名づけ方をしていて、面白いなって思いました。