赤塚不二夫先生のミステリ小説

最近読んだ本で、驚いたのが何気なく手にした古本のミステリーアンソロジーに、赤塚不二夫という名前が載っていたことです。

ちょっと変わったアンソロジーで、ミステリー作家さんじゃない人の書いたミステリをアンソロジーにまとめたという一冊です。

赤塚不二夫といえば、バカボンとかおそ松くんとか、内容は知らなくても有名な漫画を描かれている方で、最初は同姓同名のミステリ作家さんがいるのかと思ってしまいましたが、ご本人でした。

内容は…ミステリ…と呼ぶにはちょっと色々、楽しい設定が混ざっているものでしたが、文章そのものは読みやすく、テンポも良くまとめられていました。

何気なく手にした本で、思いがけない内容を見かけると嬉しくなりますが、この本もそうした一冊になりました。