たばこの値段を初めて知った主人

私はたばこは吸いませんが主人は昔からたばこを吸っているようです。

今さら辞めるに辞めれないといった状態らしく、どんなにたばこが値上がりしようと変わらずに吸い続けています。

私が財布を預かっているので、主人のたばこがなくなった時は私が買いに行くか、一緒に買いに行き私がお金を払っています。

先日私が忙しかったので主人が一人でたばこを買いにコンビニまで行きました。

帰ってきた主人は「たばこってこんなに高かったんだね」との第一声です。

そうです。私も常々感じていた事です。

いつも支払いは私が行っていたので主人はあんまりたばこの値段について考える事がなかったようです。

これで少しはたばこをひかえてくれるかも!

と期待をした私ですが、それは甘かったようでそう感じながらもいつもと同じようにたばこを吸い続ける主人です。