忘れていたいちごの行方

冷蔵庫の奥深くにいちごを入れていた事をすっかり忘れてしまっていました。

おくということで腐ってはいなかったものの、半分凍った状態になっているのを見て唖然としてしまいます。

これを食べるには・・・。

考えた末、いちごジャムを作ることにしました。

鍋にいちごを一パック入れて、その中に砂糖をたっぷりと入れ日にかけて煮詰めます。

時間をかけてゆっくりと煮詰めていくと、甘い匂いが部屋中をただよい、ジャムらしくなってきます。

途中味見をするとちょうど良い甘さになっています。

食パンをよく食べるので、これなら何とかなりそうです。

ジャムを作るなんて中学の料理実習以来でしたが、意外にもこんなところで役に立つなんて、感謝です。

明日は完成したイチゴジャムをつけてパンを食べることにしましょう。