お札に使用された人物

そこそこの年代を行きましたので、1000円札は3種類を利用したことがあります。

とはいっても、伊藤博文に関してはほとんど記憶が無い時代なのですが、よく利用している夏目漱石や野口英雄に比べたら、随分とカラフルだったような印象が残っています。

それにしても、色々と歴史を調べていて、その時になってようやく新渡戸稲造はなにをした人だったのかとか、大隈重信ってこんな人だったのかと知ることがあります。

こういった身近なものに、取り上げられている人物などは、歴史などで率先して教えてくれれば、親しみ持ちやすく覚えやすいのになと思います。

ところで、周囲には「新渡戸稲造って何した人だっけ…っていうか、名前…聞き覚えあるんだけど…」という方が数人いたのですが、私の周りだけかなと不安になりました。